豚の日記+

少ないお金で その日を生き抜くダイアリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショウヘイヘ~イ

ショウヘイヘ~イ!

なんて笑ってたら年が明けてた。岡本本?元?とにかく岡本です。


誰も押してくれないBlog Ranking


新年にあけおめメールなんかをやり取りしていたら、初詣行かない?みたいな話になったんですよ。そんでいくいく~って返信したら
「あ、でも岡本ソフトバンクじゃないんだよね……」
とか言うんですよ。新手のイジメですか。そうですか。

というわけで足の怪我を心配されてどこにも誘ってもらえなかった自分なのですが、2日に母方の実家の方へ帰ることになりまして、ちょっくら川崎の方まで足を運んだのです。

はじめは松葉杖なしで歩けるかどうか不安でしたが、歩き方はいびつでも、傷口さへ圧迫しなければなんとか歩けました。怪我をしてからというもの、通院以外で外に出向いたことがなかったので、久しぶりの遠出にウキウキが隠せません。

新宿から渋谷に行くには外回りの山の手線に乗らなければいけないのですが、新年なのにいつも以上に人が多い。明治神宮に行くでもなさそうなギャルとかが振袖着て渋谷や原宿に向かうわけですよ。バザーに行くなら振袖はおかしいし、神社に行くならそのヤマンバメイクはおかしい。いろんな意味で振袖ギャルの行く末が心配になのですが、そんなのをよそに渋谷で降りて田園都市線に乗り換えをすることに。

山の手線、中央線が都会なら、田園都市線はド田舎。ここまでくると正月気分の人などいなく、むしろ彼氏を荷物係にして一勝負終えてきた屈強の女戦士くらいしかいません。しかしその中にもよく見ればいるもので、ガラガラの車内ではその春っぽさが浮き彫りになるのです。

自分たちの対面に座った子持ちの夫婦がいたのですが、夫のほうがしきりに子供にかわいいかわいい言うんですよ。眠ってる顔がかわいいとか、わざと起こして寝起きがかわいいだとか、もう頭の中にノロウィルスが入ってんじゃねーかと思うほどのノロケ振り。はじめは見て感想を言うだけだったのですが、なんと写真に収めようと一眼レフまで取り出してカシャカシャやり始めてしまったのです。

プロのカメラマンは被写体をほめながら撮りますが、まさしくそれ。というか被写体が幼児なのにかわいいかわいいとうるさい。途中奥さんにまでかわいいと言いはじめ、奥さんまで撮る始末。母と一緒に春だねー。馬鹿だねーと言っていたのですが、うちらに向かって「一枚いいですか?」と言ってきたのです。

まぁ撮ってるだけじゃかわいそうだよね。よしきた、オジサンが撮ってあげようとカメラをもらうべく手を差し伸べたのですが、夫のほうはなにをやってんですか?みたいなすっとんきょん顔をするんですよ。自分と夫さんの間に変な勘違いが起こっていると思った自分は「イヤイヤ、カメラ」と笑いながら言ったのですが、夫のほうはマジな顔でこんなことを言うのです。

「いやいや、一枚撮っていいですか?」

(’A‘

こんな顔になってしまったのですが、そんなのお構いなくマジな顔でこっちを見てくるんですよ。いや、ほら、そのさ、写真になっちゃえばアタシが古くなるじゃない?みたいな気の利いたジョークであしらえればよかったのですが、どんなことを言っても「一枚なんで!ほんとに一枚でいいんで!」とお前はラブホに連れ込もうとしてる下衆男かとツッコミを入れたくなるほどに懇願されまして、仕方なく車内でパシャパシャとシャッターをたかれたのでした。パシャパシャ、つまり二枚も。

もうホントに自分はブッサイクなので、自分の顔が見れる写真とかは大嫌いなのです。それなのにだれそれかまわず写真を撮る夫さんは鬼ですよ。子供の成長記録に挟まれている自分と母の写真、思い出が消えた後に「なんでこんなブサイクが写ってるんだろう」と言われるのが目に見えて今から部屋の墨で膝抱えて震えたのでした。

ちなみに川崎へついた時、「今年で高校卒業だからお年玉はいいよね」と言われてしまいました。
今年もいい年ではないのか!!将来が不安だー!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kike.blog29.fc2.com/tb.php/48-70215dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。